中立・公正に調査・評価して、東京圏の優良な中古・新築マンションをご紹介

トップページ 運営団体 サイトマップ 利用規約 プライバシーポリシー
マンション評価ナビ 日本初の中古マンションの調査・評価情報サービス。国土交通省「超長期住宅先導的モデル事業」に採択されました。マンション評価情報は広告ではありません。 サイト内SEARCH キーワードで探す
中古マンション 新築マンション 不動産会社情報 評価者ブログ 選び方ノウハウ 初めての方へ

中古マンションを買ってリフォームしよう! 


リフォーム
比べると分かる!!リニューアル仲介のすごさ!

マンション購入代金とリフォーム代金のローンが一括で組めるからお得!

中古マンションを買ってリフォームする場合、どのような資金調達が一般的かご存知ですか?

この仲介の仕組みは「リニュアル仲介」といい、中古マンションの売買を仲介する不動産会社、建物調査やリフォーム工事を請けおう設計事務所や工務店など230社が参加するネットワークが提供する、新しいオーダーメード・リフォーム付き中古マンション(既存注文住宅)の仲介サービスです。

まず、この仲介の仕組みを簡単にご説明しましょう。
買い手が購入したい中古マンションを見つけたら、リニュアル仲介加盟の不動産会社へ仲介を依頼します。仲介会社を通して売主の了解のもと、予めリフォーム業者に依頼して希望のリフォームプランと工事費を決めます。物件代金にリフォーム工事費を加えた金額を購入代金として売主と契約するので、リフォーム費用にも住宅ローンが使えるというわけです。

通常の不動産仲介の場合

リニュアル仲介の場合

こうすれば、物件代金とリフォーム費用が同時に分かるので、自分の返済能力に見合った資金計画ができ、購入後の家計を圧迫することがありません。
もちろん、仲介手数料(物件価格の3%+6万円)は物件代金にしか、かかりません。
一般的なリフォームローンの金利より低い金利の住宅ローンが組めて、その分ローン返済が低くおさえられます。
と、いう程度のメリット提供では終わらないのが、リニュアル仲介です。

リニューアル仲介 資料請求 会員登録

他の記事を読む→

協力:リニュアル仲介

コラムサイト 変わる暮らし・変わる住まい
マンションの注文住宅「コーポラティブハウス」
コーポラティブハウス募集プロジェクト情報

マンション評価こぼれ話