中立・公正に調査・評価して、東京圏の優良な中古・新築マンションをご紹介

トップページ 運営団体 サイトマップ 利用規約 プライバシーポリシー
マンション評価ナビ 日本初の中古マンションの調査・評価情報サービス。国土交通省「超長期住宅先導的モデル事業」に採択されました。マンション評価情報は広告ではありません。 サイト内SEARCH キーワードで探す
中古マンション 新築マンション 不動産会社情報 評価者ブログ 選び方ノウハウ 初めての方へ

コープブロードウェイ: 昭和41年8月 築
マイリストに追加 検索一覧に戻る
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要
コープブロードウェイ:居住性(住戸)
屋上庭園
屋上庭園

■コープブロードウェイはりフォーム後の販売が多く、間取りや内装は様々です。

評価基準 評 価 内 容 評価の見方 評価点 将来の変化予測
10年後 20年後 30年後





2.2
16.日照・通風・採光の良さ ■コープブロードウェイは各方位向きの住戸があります。そのため、眺望や日照の状態は様々です。
■スパンは住戸によりますが、ある程度の幅は確保されているようです。
■ほとんどの住戸はバルコニー側の一面開口です。
-
-
17.遮音性の高さ ■スラブ厚は10cm、戸境壁の厚みは不明です。戸境壁は一部コンクリートブロックの部分もあります。
■サッシは一般的なものです。
■構造を見ると遮音性能は高いとは言えませんが、評価時には全く騒音を感じませんでした。
1.5
18.室内空間のゆとり ■コープブロードウェイの住戸には柱の出、梁の出があります。
■天井高さは、ほとんど全ての住戸がリフォームされているため、住戸によって異なります。しかし、階高とセントラル空調のダクトがあるため、あまり高い天井はとれないでしょう。調査住戸はリフォーム後で2.2メートルでした。
■バルコニーへのサッシ高は1.8メートル程度です。
■セントラル空調のため、天井に吹出口があるのみで室内に機械が無いのでスッキリした空間になっています。
-
-
19.間取りの良さ ■間取り変更を含むリフォームされている住戸が多いので、一概には言えません。
■間取り変更をされている場合、新築時では居室として認められない窓の無い部屋も「寝室」として販売される場合もあるので、注意が必要です。
■スケルトンで販売されるケースもありますので、建築に興味のある方は自分で間取りや内装を考えるのも楽しいでしょう。
-
-
20.バリアフリー対応 ■水周りに段差のある間取りが多そうです。
21.リノベーションのしやすさ ■コープブロードウェイは一般的に直床、2重天井になるケースが多いでしょう。
■階高は2.8メートル程度(下階の店舗部分を除く)とあまり高くありません。
■水周りの多少の移動は出来ますが、その部分には段差が付くことになります。
2.3
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要

コラムサイト 変わる暮らし・変わる住まい
マンションの注文住宅「コーポラティブハウス」
コーポラティブハウス募集プロジェクト情報

マンション評価こぼれ話