中立・公正に調査・評価して、東京圏の優良な中古・新築マンションをご紹介

トップページ 運営団体 サイトマップ 利用規約 プライバシーポリシー
マンション評価ナビ 日本初の中古マンションの調査・評価情報サービス。国土交通省「超長期住宅先導的モデル事業」に採択されました。マンション評価情報は広告ではありません。 サイト内SEARCH キーワードで探す
中古マンション 新築マンション 不動産会社情報 評価者ブログ 選び方ノウハウ 初めての方へ

渋谷アインス: 平成13年12月 築
マイリストに追加 検索一覧に戻る
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要
渋谷アインス:居住性(住戸)

■渋谷アインスの住戸は生活しやすい間取りが中心となっています。

評価基準 評 価 内 容 評価の見方 評価点 将来の変化予測
10年後 20年後 30年後





3.1
16.日照・通風・採光の良さ ■調査対象住戸は低層階、南東向き、専有面積65.05屐▲侫.潺蝓璽織ぅ廖■LDKです。スパンは約7.7mです。
■南東側は青山パークタワーに面します。調査した住戸は低層階で、青山パークタワーの外構にあたる緑地が同レベルにあるため比較的視界が開け、日照・採光とも悪くありません。ただ、南東側の住戸は上階にいくほど正面に青山パークタワーが迫ってきそうないきおいです。
■バルコニーに面したサッシの高さは約2mです。一面開放ですが、通風は問題ありません。
-
-
17.遮音性の高さ ■床材の遮音性能はLL45です。上階の音は気になりません。スラブ厚は約200弌戸境壁厚は約250个如⊆弉酸に優れた構造といえます。
■開口部サッシにはペアガラスを使用しています。もともと交通騒音の少ない地域ですが、閉めるとさらに静かになりました。
4.3
18.室内空間のゆとり ■スパンは約7.7mです。2LDKのファミリータイプにしてはやや狭い印象です。
■キッチンとリビングダイニングの間仕切り部が30僂曚媛爾った下がり天井になっていました。また、2室ある個室のうちの1室の天井の面積の半分程度が下がり天井となっていて、ちょっと圧迫感がありました。
■2室ある個室はいずれも柱が一部露出しています。
-
-
19.間取りの良さ ■調査対象住戸の間取りは、玄関を入ると左右に洗面・浴室とトイレ、廊下を介して向かって右に約10.3畳のリビングダイニング、リビングダイニングの左側に約6.1畳と約7畳の洋室が2室というものです。これは渋谷アインスの標準的な間取りです。
■個室については、広さは広くもなく狭すぎもせず、というところですが、下がり天井や露出した柱があり、実際より狭い感じがしました。
■専有面積が65.05屬箸いΔ海箸鮃洋犬垢襪函2室ある洋室はともかく、リビングダイニングの広さが10.3畳はいたしかたないのかもしれません。しかし、造作収納がなくここへ食卓などを運び込むことを考えると、ファミリー向けのリビングダイニングとしてはちょっと狭いかなと思います。
■廊下は短く、動線はスムーズで生活しやすい室内空間です。特にキッチンと玄関を結ぶ動線が短く、好感が持てます。
■居室は全室バルコニーに面しており、必要に応じて間仕切り壁を撤去するなど、間取りの変更は可能です。
■屋内収納は、やや足りないように思います。
■リビングダイニング以外の居室はカーペット敷きですが、リフォームによりフローリングとすることもできます。
-
-
20.バリアフリー対応 ■住戸内はフラットフロアです。浴室には段差がなく手すりが設置され、バリアフリーへの配慮があります。
■廊下に手すりを設ける場合は、補強のための下地が必要です。
21.リノベーションのしやすさ ■床と天井はそれぞれ二重床、二重天井の構造となっていて、電気配線やメンテナンスがしやすく、ある程度はリフォームに対応しています。
■しかし、スケルトンインフィルを採用していないため、水回りを含む大掛かりなリノベーション工事は難しいでしょう。
2.5
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要

コラムサイト 変わる暮らし・変わる住まい
マンションの注文住宅「コーポラティブハウス」
コーポラティブハウス募集プロジェクト情報

マンション評価こぼれ話