中立・公正に調査・評価して、東京圏の優良な中古・新築マンションをご紹介

トップページ 運営団体 サイトマップ 利用規約 プライバシーポリシー
マンション評価ナビ 日本初の中古マンションの調査・評価情報サービス。国土交通省「超長期住宅先導的モデル事業」に採択されました。マンション評価情報は広告ではありません。 サイト内SEARCH キーワードで探す
中古マンション 新築マンション 不動産会社情報 評価者ブログ 選び方ノウハウ 初めての方へ

アップルタワー東京キャナルコート: 平成19年2月 築
マイリストに追加 検索一覧に戻る
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要
アップルタワー東京キャナルコート:居住性(住戸)
マンション外観
マンション外観
東雲水辺公園
マンション敷地から辰巳駅方面を眺める
辰巳桜橋からマンション方面を眺める

■アップルタワー東京キャナルコートで今回調査したのは、超高層階・南向き・3LDK・約90?の住戸です。間口が広いワイドスパンタイプが特徴。なんといっても、全住戸すべてに引き込まれた天然温泉が魅力です。

評価基準 評 価 内 容 評価の見方 評価点 将来の変化予測
10年後 20年後 30年後





3.5
16.日照・通風・採光の良さ ■調査住戸は、南向きのワイドスパンなので採光・通風ともに問題ないと思います。バルコニーの3分の2以上がリビングに面しているため、日が燦燦と入る明かるいリビングになると思います。
■共用廊下側に洋室2つが配置されています。筒型タワーの内側が共用廊下なので、高層階においては共用廊下側からも陽は入りますが、低・中層部においては日照はあまり期待できません。
-
-
17.遮音性の高さ ■スラブ厚28cm、戸境壁厚は乾式136cmです。
■床の遮音性、サッシ性能は一般的範囲内です。
■サッシのガラスはフロート板ガラスのシングルですが、A-4等級の機密性の高いサッシを使っています。
3.5
18.室内空間のゆとり ■リビングの天井高さは2.5m〜2.6mとやや高いです(住戸により異なります)。
■柱、梁に関しては、(住戸によっては出る大きさが異なりますが)室内側に出てきますので、すっきり空間とはいきません。
-
-
19.間取りの良さ ■調査住戸は、洋室3つともに独立性がある間取りです。広げて大空間を楽しむといったことはできませんが、寝室として使うには適しています。
■リビングが16.1畳とやや広め、バルコニー側はほぼ一面サッシと開放感があるリビングです。
■収納量は、各洋室には比較的大型んばクローゼットがそれぞれにありますが、その他、廊下やリビングにはないので、掃除用具などといった収納には困りそうです。
-
-
20.バリアフリー対応 ■性能性能評価でが等級1をしており、基本的なバリアフリー改修には対応できます。
■室内はほぼフルフラット。
■バルコニーに面したサッシの下端には、少し立上り(またぎ)があります。
■調査住戸は、洗面室の作業スペースにあまり余裕がないように思います。車椅子などで利用するには不便さを感じます。
2.0
21.リノベーションのしやすさ ■階高は、低層階は3m05cm(6〜19階)と一般的、高層階は3m13cm(20〜40階)とやや余裕があります。
■住戸内の給水・給湯はさや管ヘッダー方式で、二重床・二重天井です。メンテナンス性が高く、配管自体も自由に配置できるので、将来の間取り変更の自由度も高いと思います。
3.0
詳細トップ 拠点性の高さ 住環境の良さ 居住性の良さ(共有部分) 居住性の良さ(住戸) 維持管理 新築時パンフレット 物件概要

コラムサイト 変わる暮らし・変わる住まい
マンションの注文住宅「コーポラティブハウス」
コーポラティブハウス募集プロジェクト情報

マンション評価こぼれ話